地域医療の先生方へ

臨床工学部

 

■特徴

 臨床工学部は、厚生労働大臣の免許を受けた国家資格を持った臨床工学技士(CE:Clinical Engineer)が、医学と工学の両方の分野の知識と技術を生かし、病院内の様々な生命維持管理装置の操作・保守点検業務を主に行います。また、病院内のスタッフが医療機器を安全且つ正確に使用できる様に指導・教育も行っています。
 日常の主な業務は、人工呼吸器、輸液ポンプ等のME機器の操作及び保守点検・修理。高気圧酸素療法、脊髄刺激療法、血液浄化療法等、様々な診療科の治療に携わっています。

矢印高気圧酸素ボタン についてはこちらをご覧ください。

■理念

 ・医療機器に係わる安全管理の体制の確保に努めます。
 ・医療機器の正常作動の為に日常の保守管理に努めます。
 ・医療機器の安全使用を目的として、日々改善の為の方法を追求します。
 ・医療機器を安全に使用出来る様に、スタッフに対して研修を充実させます。
 ・医療機器の安全使用に必要な情報を一元的に収集し、スタッフ間での共有に努めます。

■スタッフ


臨床工学部部長 寺尾 嘉彰
麻酔科部長、中央手術部部長、兼務

主任臨床工学技士 吉田 浩二
<他の国家資格>
 看護師
<学会認定>
 呼吸療法認定士 
 透析技術認定士
 臨床高気圧酸素治療技師
 臨床高気圧酸素装置操作技師
 第2種ME技術者
<その他>
 各種プリべンティブ・メンテナンス認定

臨床工学技士 宮﨑 健 <学会認定>
 呼吸療法認定士
 透析技術認定士
 体外循環技術認定士
 第2種ME技術者
<その他>
 各種プリべンティブ・メンテナンス認定

臨床工学部写真

・医療機器の安全使用に必要な情報を一元的に収集し、スタッフ間での共有に努めます。

■業務案内

ME機器中央管理

 医療機器を一括管理し、機器の修理及び保守点検、機器の稼働状況、点検履歴、故障履歴、
病棟ラウンド等、機器管理を行っています。機器に不具合が生じた場合は、専門的知識と技術
で迅速に対応し、安全で信頼出来る治療を常に提供出来る様に、生命維持管理装置の安全管理に努めています。

■ME管理機器の種類

 人工呼吸器
9台
 生体情報モニター
153台
 エアーマット
40台
 輸液ポンプ
93台
 高流量システム
17台
 徘徊センサー
44台
 シリンジポンプ
48台
 低圧持続吸引
4台
 CHDF装置
1台
 ネブライザー
36台
 除細動器
7台
 IABP装置
1台
 電気圧式マッサージ器
57台
 AED 
8台
 PCPS装置 その他
1台
 心電計
5台
 体温管理システム 
11台
 他動運動訓練装置
6台
 特殊ナースコール
8台
 麻酔器 
9台
 電気メス
13台
 体外式ペースメーカー
2台
 ラジオ波凝固治療装置
1台
 電動式可搬型吸引器
1台

■業務内容

毎朝、麻酔科合同カンファレンス後、人工呼吸器(病棟)、麻酔器(OP室)、ER器材の始業点検、動作点検のラウンド
●輸液ポンプ、シリンジポンプ、除細動器等、定期的に各部署に訪問し保守点検の施行
●脊髄刺激療法(SCS)患者の外来チェック
●術中誘発電位測定(MEP/SEP/ABR)
●高気圧酸素治療
●血液浄化業務(CHDF/PMX等)プライミング
●PCPS/IABP/体外式ペースメーカー保守点検及び準備操作
●ME機器の保守、修理
●管理ソフト(マリス)にて、ME機器の一元管理
●中材業務(呼吸器回路減菌)
●人工呼吸器管理(保守、回路組み、セットアップ等)
●心臓カテーテル業務