地域医療の先生方へ

薬剤部

 

■特徴

薬剤部の理念
『病院の理念、方針に沿い医薬品の適正使用を支援いたします。』
 
薬剤部 基本方針
 1 最適な医薬品情報の提供に努めます。
 2 医薬品の適正使用と安全管理に努めます。
 3 薬の専門職として自覚を持ち知識や技術の向上に努めます。

 日々進歩し多様化する医療の中で、専門職として医薬品の適正な使用、安全でより効果的な薬物療法の実現を目指しています。
また、チーム医療の一員として、薬学的視点から医療の質と患者さんのQOLの向上に貢献できるよう、研鑚に努めます。

■スタッフ


・薬剤部長
1人

・主任薬剤師
3人

・薬剤師
9人

・薬剤助手
1人

■資格等(認定・専門薬剤師等)

日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師 2名
日本病院薬剤師会認定指導薬剤師 4名
日本病院薬剤師会生涯研修履修認定薬剤師(5年) 4名
日本薬剤師研修センター認定薬剤師 8名
日本病院薬剤師会感染制御認定薬剤師 1名
日本化学療法学会抗菌化学療法認定薬剤師 2名
日本糖尿病療養指導士 1名
日本臨床腫瘍薬学会外来がん治療認定薬剤師 1名
災害対策支援チーム(日本DMAT隊員) 1名
日本医療情報学会認定医療情報技師 1名
日本薬剤師研修センター漢方薬・生薬認定薬剤師 1名
スポーツファーマシスト 1名

■業務内容

調剤業務

医師の処方箋をもとに患者様のお薬の重複、用法、用量、飲み合わせ、配合変化等を確認して、内服薬や外用薬、注射薬の調剤・監査などを行っています。 薬剤部窓口業務・お薬相談コーナー写真 薬剤部窓口業務・お薬相談コーナー写真

注射薬の無菌調整業務

高カロリー輸液や抗がん剤などリスクの高い薬剤を無菌的に調製しています。  薬剤部窓口業務・お薬相談コーナー写真

製剤業務

診療上必要な薬剤ではあるが一般には販売されていない薬剤の調製などを行っています。  

お薬相談(窓口業務)

当院は、外来患者さまの処方は院外処方となっています。町の保険薬局(かかりつけ薬局)で、お薬をお受け取りください。調剤薬局のご相談は、Faxコーナーでお受けしています。
また、薬剤部窓口でお薬についての相談を受け付けていますので、お気軽に声をお掛け下さい。
 薬剤部窓口業務・お薬相談コーナー写真

病棟・薬剤管理指導業務

入院患者様の持参薬確認や予定手術前の患者様の服薬状況確認を行っています。
入院患者様への服薬指導や投与薬剤の薬物血中モニタリングなども行っています。
 薬剤部窓口業務・お薬相談コーナー写真

薬品管理

薬品の購入や在庫調製、保管(室温、湿度)管理を行っています。 

医薬品情報業務

医薬品の情報収集と院内への情報提供を行っています。

学生実習の受け入れ

薬学生の長期実務実習や早期体験、高校生の職場体験などを受け入れています。

治験薬の管理

新しく医薬品として販売(承認)される前の薬(治験薬)の保管管理・調剤を行っています。


その他、医療チームの一員として医薬品が、有効かつ安全適正に使用されるように努めています。

■院外処方せんの発行について

本院では平成14年10月より職員はもちろん、外来で診察を受けられる患者さんには、特殊な場合を除いて全て、『院外処方せん』を発行しています。

『保険薬局』(調剤薬局)の表示があれば、どこの『保険薬局』でも院外処方せんによりお薬を受け取ることが出来ます。

チャート

お薬の方〈窓口〉
ファックスコーナー

■ジェネリック医薬品とは

医療機関で処方される薬には、同じ成分・同じ効き目で価格の高い薬と安い薬があります。

高い方は『新薬』です。日本で最初に発売される薬で、研究・開発に莫大なコストと年月がかかるため、薬価が高いのです。

安い方が『ジェネリック医薬品』です。新薬の特許期間満了後に厚生労働省の承認を得て発売される薬の総称です。大幅な開発コスト削減と期間短縮が可能なため、新薬と同じ成分・同じ効き目で価格が低いのです。

また、医薬品には有効性・安全性確保のため、薬事法により厳しい規制が定められています。安全性はもちろん、製造管理、品質管理など各段階で守るべき基準があり、『新薬』『ジェネリック医薬品』も薬事法の規制を守って開発・製造されています。

本院では、2006年4月から厚生労働省の指導の下、患者さんがジェネリック医薬品を選択しやすいよう、処方箋の様式を変更しました。

ジェネリック医薬品を希望される方、詳しくお知りになりたい方は、担当医師・薬剤部にお気軽にご相談ください。

イラスト

■治験とは

新しい『くすり』の開発は、大学の研究室や製薬会社等で化学合成されたり、天然に存在している物質から抽出されたりした化合物の中から、目的とする作用を持ったいくつかの物を選び出すところから始まります。

次に動物実験により有効性と安全性を調べ、『くすり』になりそうだと見込まれるものだけが、『くすりの候補』として残されます。

この『くすりの候補』が『くすり』になるためには、動物実験だけでなく人においても有効性(効き目)と安全性(副作用)を調べなければなりません。これを「臨床試験」と言い、『くすりの候補』を厚生労働省から認可してもらうための臨床試験のことを『治験』と呼んでいます。

治験の段階イラスト

■治験参加の対象となる患者さんについて

各治験毎に対象となる病気や参加基準が決められており、これらを満たした患者さんが治験に参加することが出来ます。担当医師の判断や、広告等により治験参加を望まれた患者さんが参加基準に当てはまる場合、治験の説明を行っていきます。

治験参加は患者さんの『自由意志』です。治験参加を望まれて途中で止められたとしても、患者さんの不利益になることは生じません。

■治験参加中の費用について

治験のお薬を使用している間の治験薬・諸検査(治験に関係している血液検査・画像診断等)については、製薬会社から支払われますので、参加中は病院へお支払いいただく費用が少なくなることがあります。また、治験参加に伴う交通費などの負担を軽減する為に1回の来院、若しくは入院中の検査等の回数により、製薬会社より治験負担軽減費として一定の金額が支払われます。

■人権の保護について

治験の関係者には秘密を守ることが法律で義務付けられています。ですから、治験に参加される患者さんのお名前や住所等、個人情報に関することは一切外部に漏れることはありません。(検査データ等は全て、コードやアルファベット等で使用されます。)

【窓口】  薬剤部  治験管理室

代表 (0956)49-2191  (内線2165)