平成28年度 長崎労災 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 50 174 110 223 342 598 1,339 1,357 1,054 274
当院は小児科、産婦人科を標榜していないため、乳幼児、小児の方が少ない傾向です。70歳~79歳の方が1,357名と最も多く、次いで60歳~69歳の方が1,339名となっています。入院患者さんの内、70歳以上の方が全体のほぼ半数を占める年齢構成となってます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 244 27.09 27.63 81.15 84.31
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア その他の手術あり 178 21.6 17.07 11.8 52.05
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 97 12.68 5.49 3.09 46.72
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 95 32.97 24.42 8.42 67.23
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等 89 5.49 5.69 2.25 65.6
整形外科の入院患者数トップ5は、上記のとおりです。最も多かったのは、大腿骨頚部骨折などの方に人工骨頭挿入術や骨折観血的手術を行った方で、年間退院件数は244件でした。平均年齢が約84.3歳と高く、転院率が81.2%となっています。転院率が高いのは、術後のリハビリテーションを積極的に行えるよう、他の医療機関と連携した地域連携パスを使用しているからです。手術から術後のリハビリは当院で行い、在宅復帰に向けてのリハビリは、他病院で速やかに行えるよう、診療情報の共有を図っています。2番目に多かったのは椎間板ヘルニアの椎間板摘出術や脊椎固定術を行う178件でした。平均在院日数が21.6日と全国平均より若干長いのは、手術による影響もあります。脊椎のヘルニアは状態に応じて様々な手術を選択します。椎間板摘出術では在院日数も2週間程度となるのですが、脊椎固定術となると在院日数が長くなる傾向です。3番めに多かったのは、前腕骨折の手術を行った方で97件でした。平均在院日数が12.7日と全国平均の5.5日より長いのは、術後のリハビリテーションを当院で行った後退院していることが考えられます。4番目に多かったのは、変形性股関節症などの方に人工股関節置換術を行う103件でした。こちらも平均在院日数が32.9日と全国平均の24.4日より長いのですが、平均年齢が68歳と高齢なことが影響しています。5番目に多かったのは、手根管症候群による上肢の神経障害の方に手根管解放術行った方が89件でした。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 32 14.13 11.74 0 75.38
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 32 12.97 11.06 3.13 75.5
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 28 22.21 19.92 0 72.04
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 27 30.41 21.25 29.63 82.59
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 22 5.77 5.5 0 50.18
内科の入院患者数トップ5は、上記のとおりです。最も多かったのは、肝がんの方に肝臓へ経皮的にカテーテルを入れ、抗がん剤を投与する療法(TACE)です。件数が32件となっています。同様の件数だったのは、胆管結石等による胆管炎の方を内視鏡手術を行った方で、32件となっています。3番目に多かったのは、間質性肺炎で手術や人工呼吸器等を行わなかった方で28件でした。4番目誤嚥性肺炎で手術や人工呼吸器等を行わなかった方で27件でした。当院の平均在院日数が30.4日と全国平均より長いのは、平均年齢が82.6歳と高齢の方の入院が多い影響が考えられます。5番目に多かったのは、ウィルス性腸炎での加療の方が22件となっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 37 3.14 4.42 0 69.95
060040xx99x50x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 33 3.67 4.5 0 67.45
060040xx99x70x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 7あり 定義副傷病 なし 33 4.55 4.98 0 71.7
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 33 3.15 4.48 0 62.97
090010xx99x9xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 9あり 31 2.84 7.25 0 60.16
外科の入院患者数トップ5は、上記のとおりです。トップ5全てがんの化学療法となり、結腸がん、直腸がん、乳がんとなっています。使用する抗がん剤が異なるためDPC名称が異なります。遠方や高齢の方が多いため、1泊2日か2泊3日での化学療法入院が多くなっています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 39 17.59 16.54 35.9 72.23
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 32 10.72 9.87 21.88 80.34
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 31 17.9 19.35 51.61 71.06
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 22 2.64 3.2 0 68.77
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 1あり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 22 19.59 18.76 45.45 75.86
脳神経外科の入院患者数トップ5は、上記のとおりです。最も多かったのは脳梗塞の保存的加療でした。脳梗塞発症3日以内の方にエダラボンといわれる注射にて加療を行った方となっています。当院は地域連携パスを使用しており、他の回復期リハビリテーション病院などと協力し、当院での加療後もリハビリが必要な方は転院を行っており、転医率が35.9%となっています。次いで頭部外傷の保存的加療となっています。また、慢性硬膜下血腫の保存的加療31件、未破裂脳動脈の脳動脈血管カテーテル検査による入院となっています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 35 3.71 3.06 2.86 69.91
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 31 11.52 11.38 12.9 79.9
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 19 4.74 4.71 0 73.05
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 21.65 17.95 5.88 87.82
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 16 19.19 7.82 0 78.75
 循環器内科の入院患者数トップ5は、上記のとおりです。最も多かったのは、狭心症の方に行われる心臓カテーテル検査入院の35例でした。動脈にカテーテルを入れ、心臓の冠動脈の閉塞、狭窄している血管を調べる検査です。予定入院の方は2泊3日で退院できるようクリニカルパスを作成しています。2番目に多かったのは、洞不全症候群などの方に局所麻酔下でペースメーカーを移植する手術でした。ペースメーカー移植術も10日間程度で退院できるようクリニカルパスを作成しています。3番目に多かったのは、狭心症などの方に行う経皮的冠動脈ステント留置術でした。動脈にカテーテルを入れ、心臓の冠動脈の閉塞、狭窄している血管にステントといわれる材料で血管閉塞部を開通させる手術です。予定入院の方は4日から5日間で退院できるようクリニカルパスを作成しています。次いで心不全、不整脈の方の保存的加療となっています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 26 3.54 4.28 3.85 54.19
080150xx97xxxx 爪の疾患 手術あり - - 5.24 - -
070590xx97x0xx 血管腫、リンパ管腫 手術あり 手術・処置等2 なし - - 7.32 - -
160200xx9700xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし - - 6.46 - -
070380xx01xxxx ガングリオン 関節滑膜切除術等 - - 5.1 - -
 形成外科の入院患者数トップ5は、上記のとおりです。最も多かったのは、皮膚腫瘍の腫瘍摘出術となっています。また、年間件数は10件未満ですが、陥入爪の手術、血管腫摘出術、顔面外傷による鼻骨骨折整復術の方や、ガングリオン摘出術の方も入院しています。
麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070350xx99xxxx 椎間板変性、ヘルニア 手術なし 11 3.45 9.13 0 49.73
010111xxxxx0xx 遺伝性ニューロパチー 手術・処置等2 なし - - 13.33 - -
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 3.64 - -
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - 5.24 - -
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.87 - -
 麻酔科の入院トップ5は、上記のとおりです。最も多かったのは、脊椎のヘルニアに対する神経ブロック入院の11件となっています。当院麻酔科はペインクリニックを行っており、各種疼痛に対する神経ブロックの入院を行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 15 3.8 4.28 0 48.4
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 8.96 - -
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - 11.97 - -
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし - - 8.78 - -
070590xx97x0xx 血管腫、リンパ管腫 手術あり 手術・処置等2 なし - - 7.32 - -
 皮膚科の入院患者数トップ5は、上記のとおりです。最も多かったのは、皮膚腫瘍の腫瘍摘出術となっています。また、年間件数は10件未満ですが、帯状疱疹や急性膿皮症、皮膚がんの悪性腫瘍摘出術等も行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 12 - - 33 26 1 7
大腸癌 13 44 74 58 - 123 1 7
乳癌 31 44 27 28 124 1 7
肺癌 - - - 32 - - 1 7
肝癌 16 12 - - 41 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
延べ数で計上しているため、1名の方が化学療法で年10回入退院を繰り返した場合、10件と計上しています。項目欄の-は年間症例10件未満となっています。なお、当院はアスベストによる肺がん(労災)の方も入院されますが、この集計表には含まれておりません。
 胃がん早期(StageⅠ)の方は、内視鏡手術(粘膜下層摘出術)と外科的手術(胃切除術)を行っています。
 大腸がんは StageⅢまでは外科的手術(結腸切除術、直腸切除術など)の適応です。StageⅣ、再発の方は化学療法での入院が多いです。
 乳がん早期の手術実施例(乳腺悪性腫瘍摘出術)がほとんどです。進行がんに対しては化学療法の入院が多いです。
 肺がんはStageⅣの方が多く化学療法目的入院の方がほとんどです。
 肝がんは肝臓血管へカテーテルを入れ、抗がん剤を投与する療法(TACE)が全体の半数を占めています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 17 9.29 51.18
中等症 31 16.77 77.29
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
 軽症の方は外来治療が基本となりますが、当院は離島からの来院もあることや、患者さんの状態によって入院での加療を行っています。当院で最も件数が多かったのが、中等症の31件でした。当院は小児科が無く、高齢の方の加療が多いことが影響していると考えられます。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 13 5.23 78.08 7.14
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 169 22.99 76.4 38.22
その他 22 17.68 71.73 3.66
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 30 9.33 68.87 3.23
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
 当院の脳卒中のほとんどは脳梗塞発症3日以内の方となっています。入院後速やかにリハビリテーションを開始し、早期退院・転院を目指しています。当院は脳卒中連携パスを使用しており、他の回復期リハビリテーション病院等と協力し、当院での加療後もリハビリが必要な方は転院を行っています。脳梗塞の方の4割程度が、他院へ転院し、リハビリテーションを継続することとなっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 212 4.11 21.76 67.45 78.76
K0821 人工関節置換術(股) 等 189 3.75 35.42 11.64 71.63
K1423 脊椎固定術(後方椎体固定) 139 3.61 24.88 13.67 63.98
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 136 3.4 25.54 11.03 53.87
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 107 2.76 15.21 12.15 49.36
 整形外科は、脊椎、関節、外傷、手の外科と多岐にわたる疾患を診ています。手術症例数のトップ5において最も多かったのは、骨折観血的手術(大腿等)でした。ほとんどが大腿骨骨折の手術であり、術後リハビリを速やかに行うため、他医療機関に転院を図る地域連携パスを活用しています。2番目に多かったのは、人工関節置換術(股、膝)でした。変形性股関節症、膝関節症とも190症例近く行っております。3番目に多かったのは脊椎固定術(後方椎体固定)です。脊柱間狭窄症、脊椎すべり、分離症や腰椎椎間板ヘルニアと様々な疾患の手術に対応しております。4番目に多かったのは骨折観血的手術(前腕) 等です。地域がら高齢の方が多く、術後リハビリテーションを行い、在宅復帰を目指しています。4番目に多かったのは椎間板摘出術(後方摘出術)です。腰椎椎間板ヘルニアに対して行われます。上位5つの手術全て年間100症例以上となっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 等 49 3.27 12.92 0 63.65
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 42 1.4 5.26 0 66.26
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 23 2.87 6.04 0 60.7
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 18 9.17 15.89 5.56 73.39
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの) 13 1.77 11.92 0 65.31
 外科での手術件数トップ5は上記のとおりです。最も多かったのが、主に抗がん剤投与の為に静脈下へカテーテルを植込む手術が49件となりました。2番目に多かったのは、鼠径ヘルニアに対して腹腔鏡下で行う手術が42件でした。3番目に多かったのは胆のう結石等に対して腹腔鏡下で行う手術が23件となっています。4番目に多かったのは大腸がんの方に対して腹腔鏡下にて行われる腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術18件です。5番目に多かったのは乳がんの方に対して行われる乳腺悪性腫瘍手術13件です。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 等 97 0.35 1.74 0 67.89
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 37 3.41 10.3 0 75.05
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 25 4.84 11.36 16 79.52
K654 内視鏡的消化管止血術 20 2.05 10.4 15 74.1
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル以上) 13 0.54 1.23 0 66.38
 内科での手術件数トップ5は上記のとおりです。最も多かったのが、大腸ファイバー下にて大腸ポリープを切除する手術で97件でした。大腸ポリープ切除術はクリニカルパスがあり、切除後に下血等が無ければ1泊2日の入院となるようにしています。2番目に多かったのが、肝がんの方に行われる治療方法で、肝臓へ経皮的にカテーテルを入れ、抗がん剤を投与する治療方法(TACE)で37件となっていました。当該疾患もクリニカルパスを作成し、2週間以内日で退院できるよう努めています。3番目に多かったのが、黄疸等で閉塞された胆管にステントといわれる材料で閉塞部を開通させる手術です。黄疸の原因は様々で、疾患に応じた加療を行っています。ついで胃潰瘍の出血等で胃カメラ下にて実施される内視鏡下消化管止血術となっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 等 44 1.14 13.14 36.36 80.11
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 22 1.91 20.64 18.18 63.73
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) 15 2.87 12.6 0 67.93
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 14 9.86 33.5 42.86 73.71
K1781 脳血管内手術(1箇所) 11 1.45 18.27 18.18 60.91
 脳神経外科での手術件数トップ5は上記のとおりです。件数が最も多かったのは、頭部外傷等で発生する慢性硬膜下血腫の除去術の44件でした。次に多かったのが、くも膜下出血や未破裂脳動脈瘤に対して行われる脳動脈瘤頸部クリッピングの22件でした。脳動脈瘤頸部クリッピングに関しましては、未破裂の脳動脈瘤に行う場合と、急性発症疾患でもあるくも膜下出血では在院日数は異なります。くも膜下出血の方が在院日数は長くなります。3番目に多かったのが内頚動脈の血栓を除去する動脈血栓内膜摘出術の15件となりました。4番目に多かったのが内頚動脈の脳腫瘍に対しる摘出術の14件となりました。5番目に多かったのは開頭せずに動脈にカテーテルを入れ、頭の未破裂の脳動脈瘤やくも膜下出血箇所に塞栓用のコイルを使用する手術です。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 19 2.84 8.79 21.05 77.58
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 16 2.06 3.38 6.25 73.63
K597-2 ペースメーカー交換術 13 1.08 6.46 7.69 81
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他のもの) - - - - -
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) - - - - -
 循環器内科での手術件数トップ5は上記のとおりです。1番目と3番目に多かったのは、ペースメーカー移植術と交換術でした。洞不全症候群などの方に局所麻酔下でペースメーカーを移植する手術です。ペースメーカーは電池消耗するので、約10年でペースメーカーの交換が必要になります。移植術の入院日数は10日間程度、交換術の方は7日間程度となっています。ペースメーカーに関しても当院はクリニカルパスを作成しています。2番目に多かったのが、狭心症などの方に行う経皮的冠動脈ステント留置術でした。動脈にカテーテルを入れ、心臓の冠動脈の閉塞、狭窄している血管にステントといわれる材料で血管閉塞部を開通させる手術です。予定入院の方は4日から5日間で退院できるようクリニカルパスを作成しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 44 0.8
異なる 10 0.18
 手術・処置等の合併症での入院が44件となっています。人工関節のゆるみによる再置換術の症例、当院や他院で手術を行い退院した後に術後の合併症の加療目的に入院された方がほとんどです。入院中に発生したDICや敗血症など合併症の加療は年間10件未満です。
更新履歴
2017年9月29日
平成28年度病院情報の公表を行いました。