地域医療の先生方へ

放射線科(患者さん向け)

外来診療医師一覧

■特徴

 当放射線科では、疾患の画像診断、および画像診断法を用いて治療や組織採取(生検)を行うIVRを施行しています。
 画像診断は単純写真、マンモグラフィ、消化管造影、CT、MRI、核医学により総合的に行っています.
 IVRは、血管造影にて行う血管分野と非血管分野に大別されます。血管分野では、悪性肝腫瘍に対して腫瘍を養う肝動脈より抗がん剤を注入する治療(肝動注化学療法)、およびこれと肝動脈を閉塞する治療を併用する治療(肝動脈化学塞栓療法)を最も多く行っており、これらは肝癌が主な対象となります。外傷性出血や消化管出血、喀血に対して出血源となる動脈を閉塞する治療(動脈塞栓術)、肝硬変や門脈圧亢進に伴う静脈瘤に対して静脈を介し静脈瘤を閉塞する治療(バルーン下逆行性経静脈的塞栓術)なども行っています。非血管分野では、CTを撮影しながら組織採取(生検)を行う検査(CTガイド下生検)、体内に貯まった膿を皮膚よりチューブ留置を行い膿を排泄する治療(CTガイド下経皮的膿瘍排泄)などを行っています。
 当院の画像診断は他院にも活用していただいており、県北地区の地域医療に大きく貢献しています。単純写真、断層写真以外の検査は基本的に予約制ですが、急患には柔軟に対応できます。血管造影も24時間対応できる体制になっています。

■スタッフ


放射線科部長 川原 康弘

放射線科副部長 小池 玄文

■当科にて施行している画像検査

当院の代表的な検査機器を紹介します(各機器をクリックすると機器の説明にリンクします)

INDEX
単純写真 | 断層写真 | マンモグラフィ | 透視 | CT

MRI | 血管造影 | 骨密度 | 核医学(RI)

■当科にて施行しているIVR,その対象疾患

血管分野IVR

 肝動注化学療法
 肝動脈化学塞栓療法
 悪性肝腫瘍(主に肝癌)
 動脈塞栓術  外傷性出血、消化管出血,喀血など
 経皮的リザーバー埋め込み術  肝転移,膀胱癌など
 経皮経肝的門脈塞栓術  悪性肝腫瘍(肝切除術予定例)
 バルーン下逆行性経静脈的塞栓術  肝硬変・門脈圧亢進に伴う静脈瘤

非血管分野IVR

 CTガイド下生検  肺や骨などの腫瘍,脊椎炎
 経皮的膿瘍排泄  肝、腹腔内などの膿瘍

■当科での画像検査・IVR実績

(消化管造影、血管造影、超音波、IVRは放射線科医師施行例のみ)


手術症例数:
2014年
2015年
2016年
2017年

単純写真
45978例
48817例
50757例
51074例

マンモグラフィ
608例
632例
663例
685例

消化管造影
707例
731例
637例
632例

CT
11893例
12875例
12792例
12223例

MRI
6725例
6442例
6515例
6162例

血管造影
290例
219例
250例
273例

RI
324例
342例
289例
285例

血管IVR
173例
142例
160例
194例

■学会認定情報

マンモグラフィ検診施設画像認定

■核医学(RI)検査

RIとは

「放射性同位元素(Radio Isotope)」という放射線を出す物質を医薬品として体内に投与(注射または経口)して、骨や肝臓などの体内の臓器の形やそれが持っている機能に異常がないか専用の装置を使って調べる検査です。
「放射能」と聞くと恐怖感を覚える方もいらっしゃると思いますが大丈夫です。なぜならこの検査はほんとうに必要な場合にのみ行われ、しかも法律や医学的倫理の下、患者さんに決して無駄な被爆がない様、常日頃から関係スタッフが懸命に対応しているからです。

注意事項

腹部の検査(CTや胃透視など)と同様に「絶食」が必要な場合があります。また、金属類やカイロ等は外していただき、さらには検査着に着替えていただく場合もあります。
ですから、脱ぎやすい服装で来院されることをおすすめします。

検査の流れ

基本的に放射性医薬品は注射(静脈)で体内に投与され、目的とする部位または臓器によって注射のあと5分後から最も長くて1週間後に検査とそれぞれ特性があります。これらは医学的並びに生物学的検知により確定したものです。検査予約の際さらに注射の時に検査の日時を説明いたします。

よくある質問

Q 実際の検査の時、痛み等はありませんか?

A 検査は基本的に仰向けに寝ていただくだけです。検査内容に応じて装置が体の周りを動きます。腰痛症などで仰向けが辛い方は申し出てください。

Q X線検査用の検査薬品と放射性医薬品とはどう違うのですか?

A 前者は検査薬品の集まったところを「外から」X線を当てて検査するのに対し、RI検査では薬品が集まったところ「体内から」放出された放射線を利用して検査を行ないます。

ページの先頭へ

■MRI検査

MRIとは

MRIは磁気共鳴画像診断装置(Magnetic Resonance Imaging)のことで、読んで字のごとく磁石の力を用いて体の様々な部位の断面写真を取る機械です。
検査時間は撮影する内容によって異なりますが、首や腰では15〜20分、頭(脳)では20〜30分、膝や手首なども30分程度時間がかかります。
検査は基本的に仰向けで行ないます。お腹や心臓の検査の時には息止めをお願いしますが、その他、検査中は体を動かさないようにお願いします。

 

注意事項

磁石を使っている検査ですので検査室内に金属類の持ち込みは禁止しています。
衣服のファスナー、肌着のホック、時計やメガネ等装飾品全て検査前に外していただきます。また、心臓、脳、眼などへの手術等で金属が用いられている場合は検査ができないことがありますので、申し出てください。
MRIはトンネル状の装置に入って撮像します。そのため、重度の閉所恐怖症の方は検査できません。
また、胎児への磁場、電波の安全性は確立されていませんので妊娠中の方またその可能性のある方は申し出てください。

検査の流れ

MRI待合室でお待ちください。検査の順番が近づくと検査着に着替えをしていただきます。検査準備ができ次第、案内を致します。
検査中は工事現場のような「ガーガーガー」「ビー!ビー!ビー!」という大きな音がしますので、耳栓または耳当てをしていただきます。
検査の部位によってそれぞれの機械を体に取り付け、検査開始です。体を動かさないようにお願いします。
途中、具合が悪くなった際にはあらかじめお渡しするブザーでお知らせ下さい。

よくある質問(Q&A)

Q CTとの違いはなんですか?

A CTも同じようなトンネルに入っての検査ですが、撮る写真は全くの別物です。CTはX線を使っており、MRIは磁石を使って画像を作っています。

Q MRIがあればCTはいらないのではないでしょうか?

A いいえ、MRI、CTそれぞれ得意なところと不得意なところがあります。例えば肺の写真はCTでは良く見えますが、MRIではさっぱり見えませんし、逆に腰の椎間板ヘルニアなどはMRIの方がハッキリと見えます。それぞれどちらがいいのかは主治医の先生がよく知っていて、使い分けをしています。

Q 薬は使いますか?

はい、検査内容によっては造影剤という薬を静脈注射で打つことがあります。
これはMRI専用の薬で、CTや血管造影で使う薬とは異なります。ただし、喘息がある方は副作用が出る恐れがあるので、原則として使えませんので注意が必要です。

■乳腺MRI

乳腺のMRI検査はマンモグラフィ、超音波検査では診断が難しいと判断された場合などに行います。乳房組織をより精密に撮影することができ、がんを否定するためや、がんの広がり方を知るために造影剤(静脈注射で造影剤という薬を入れます)を使い検査を行ないます。
また生理周期と関連があり、月経第4週目ぐらいでは画像上で乳腺が目立ちやすくなり、腫瘍と正常乳腺との区別が困難になる場合があるため、その期間を避けての検査をおすすめしております。

検査の流れ

  1. 1.着替えは上半身に何も付けない状態で検査着を着ていただきます。
     乳房専用のコイル(乳房からの信号をえる機械)を使用します。

乳腺MRI
【写真】HDブレストアレイコイル(GE社製)
  1. 2.検査はうつ伏せで行います。腕は上方において、乳房は2つの穴のところにおいていただきます。
     手には点滴をとった状態で、検査途中に注入器から造影剤が入ります。

  2.  

乳腺MRI
検査時間は約40分くらいです。
このまま動かずにお願いします。
乳腺MRI撮影した画像
【写真】撮影した画像
乳腺MRI撮影した画像
【写真】撮影した画像

■CT検査

CTとは

CTとはComputed Tomography(コンピュータ断層撮影)の略です。
Ⅹ線による検査の1つで、体の周りを一回転するようにⅩ線撮影し、得られた情報から横断面のみならず、さまざまな断面像や骨などの三次元画像を得ることができます。
当院は64列MDCTを導入し、短時間で広範囲に高画質が得られるようになり、検査を受ける方にとって、より負担が少なく、より安心して検査を受けて頂いています。放射線被ばくの低減にも努めています。
また造影剤を使用する事により、頭部や腹部の腫瘍の評価はもちろんのこと、頭部や腹部の血管や下肢血管など、細かい血管の抽出や、必要に応じて血管の三次元画像を作成しています。
また心臓CT(冠動脈CT)の検査も行っています。
CT検査は、24時間体制で救急患者さんにも対応しています。

検査の流れ

1.病院の受付をして、CT室窓口の緑色ボックスに基本箋、診察券、または予約票を入れてお待ちください。
2.順番が来ましたら、担当者がお名前をお呼びし、検査室へご案内します。
3.担当者が検査の内容を説明致します。疑問や不明な点がございましたら、お気軽にご質問ください。
4.検査部位に応じて、金属類は外して頂き、場合によっては、検査着に着替えて頂きます。
5.準備が出来ましたら、基本的に仰向けに寝て頂き、円筒状の装置の中に入り検査を行います。
6.検査中は動かない様にして下さい。CT検査は体の動きに弱い検査です。高性能の装置をもってしても、体が動きますと、きれいな画像が撮影出来ず、診断が出来なくなります。痛みなどで安静に出来ない時は、担当者に申し出て下さい。スポンジ等を用意して出来るだけ苦痛を取り除きます。
7.胸部・腹部CTでは、息を吸って止めて頂きます。息止め時間は10秒ぐらいです。検査部位や目的によって、3回~5回程息を止めて頂くことになります。
8.検査が終了したら、指示があるまで動かずに、楽な姿勢でお待ち下さい。
検査時間は造影剤を使わない時、頭部で約3分、胸部・腹部で約10分、造影剤を使う検査の場合は約15分~20分かかります。

造影CT検査について

・造影剤を使うことで、血管の抽出や病変の性質を判断することができます。
・腕の血管(静脈)から100cc~150ccの造影剤を体重や検査目的に応じて造影剤の注入量や注入速度を変えて撮影します。
・造影剤を注入した際、少し体が熱く感じることがありますが、これは正常な反応ですので心配はいりません。
・造影剤注入時、ごくまれに造影剤による副作用が起こることがあります。造影剤使用時は、放射線科担当医師が患者さんの状態を観察しており、副作用が生じた場合はすぐに適切な処置ができる様にしていますので、熱さ以外に具合が悪い(吐き気、息苦しい、かゆみ、発疹)の症状が出ましたら、すぐに知らせて下さい。
・造影剤は尿として排出されますので、検査後はなるべく水分(水、お茶、ジュースなど)を多めに飲んで、排出してください。
・次の場合により造影剤が使用出来ないことがあります。
○ぜんそくがある、あるいは以前ぜんそくがあった。
○以前、造影剤で副作用が生じたことがある方。
○甲状腺機能亢進症やヨード過敏症を持っている。
○腎機能が低下している。
○糖尿病の薬を飲んでいる。

よくある質問(Q&A)

Q,MDCTってなんですか?

A,Multi Detector Low CTの略でマルチスライスCTともいいます。
当院のCT装置は、1mmという細かい幅の複数の断面を1度に撮影することが出来、X線ビームが患者さんの周りを1回転する間に、検査台が移動してらせん状に撮影する為に、短い1回の息止めで、広い範囲を、高画質で撮影することができます。

Q,CT検査とMRI検査の違いは何ですか?

A,断層画像という点では同じとも言えますが、撮影原理が異なります。CTはX線を使用し、MRIは磁力を用いており、得られる画像も全く違ったものとなります。検査目的によってCT検査かMRI検査を受けることになります。

Q,CT検査の検査時間はどのくらい?

A,検査の部位や目的によって異なりますが、単純検査で3分から10分、造影検査で15分から20分ぐらいです。

Q,CT検査を受ける時は、食べたり飲んだりしてはいけないのですか?

A,検査をする部位や造影剤を使用する検査によって、食事制限が必要な場合もあります。午前中に検査がある場合は朝食を、午後に検査がある場合は昼食を控えていただきます。
水分(お茶、水等)は、通常通り飲んでください。

Q,CT検査を胸部から腹部まで撮りましたが、放射線被ばくは大丈夫ですか?

A,CT検査で用いられる線量は身体的に影響が出るほどの線量ではありません。しかしX線を浴びることは事実ですので、むやみやたらに検査は行いません。
CT検査を行う際には、検査による有益性が被ばくによるリスクを上回ることが前提とされています。さらに撮影する際は被爆が最小限になるように常に努めています。ご心配な時は担当医師、または放射線技師にご相談ください。

Q,現在授乳中ですが、造影剤の影響はありますか?

A,母乳中にもわずかですが造影剤が移行しますので、造影検査を受けられてから最低でも24時間は授乳を避ける様にお願いします。
詳細は担当医にご相談ください。

Q,心臓ペースメーカーを入れていますが、検査を受けても大丈夫ですか?

A, 心臓ペースメーカー・植え込み型除細動器をつけている方は不具合が生じる恐れがあるため、検査が出来ない場合があります。検査の際にはペースメーカー手帳をもとに確認をしますので、必ず持参してください。

ページの先頭へ

■血管造影検査

血管造影とは

カテーテルと呼ばれる管を腕や鼠径部の血管より挿入し、目的血管まで到達させ造影剤と呼ばれる薬を注入し、診断や治療を行う検査です。

検査の流れ

血管造影は全員入院してからの検査となります。
検査の時は検査着へ着替え、点滴をとって検査室へ向かいます。
検査時には滅菌された布をかぶせます、安静にしていただきます。
腕または鼠径部の血管よりカテーテルを挿入し、検査、治療を行ないます。
検査、治療が終わるとカテーテルを抜き、穿刺部を押さえて止血します。
穿刺した部位によって検査後の安静の時間は異なります。安静時間は医師または看護師からお伝えします。

よくある質問

Q.検査中の痛みはありますか?

A.通常検査中の痛みはほとんど感じませんが、はじめにカテーテルを挿入する部分に局所麻酔を行ないます。その時に一瞬痛みを感じます。

Q.造影剤は他の検査と同じですか?

A.血管造影で使われる造影剤はCT用の造影剤と同じ成分のものです。
造影剤を入れたときに撮影する場所が部分的に熱く感じる場合があります。

ページの先頭へ

■マンモグラフィー(乳房撮影装置)

装置説明

  乳房X線撮影装置;Siemens社製 MAMMOMAT 3000
  読み取り装置;Fujifilm社製 PROFECT CS
イメージャー;Fujifilm社製 DRYPIX 7000 
(他のモダリティはモニター診断ですが、マンモグラフィはフィルム診断しています)
  
  生検(バイオプシー)装置;Johnson&Johnson社製 Mammotome

乳房X線撮影(MMG,マンモグラフィ)とは?

  乳房にX線をあて、フィルムに写し出すものです。乳房はやわらかい組織で出来ているので、専用の装置やフィルムを使用します。

検査の流れ

  基本的に2方向の撮影を行います。
① 上からはさんで撮影(CC方向)
② 斜めからはさんで撮影(MLO方向)  (撮影風景写真)
  片方ずつ撮影するので合計4回撮影します。検査時間は約15分です。
  追加で撮影する場合もあるのでその時は検査時間が少し長くなります。
  また、撮影する際は放射線技師が乳房を引き出し、圧迫をします。圧迫は人によって
  痛みを伴いますので痛い時はおっしゃって下さい。

特殊検査(IVR)

マンモグラフィを使用しながら、座位にて生検、およびフックワイヤー留置,マーカー留置を行っています。検査時間は約30~60分です。

生検(バイオプシー)とは…視触診やマンモグラフィ,超音波検査(エコー)でがんが疑われたり、がんとの判別が難しい場合に行われる検査です。病変に直接針を刺して、細胞を取り、顕微鏡で観察します。
・針生検(CNB)
  マンモグラフィを用いて、病変の位置を把握します。局所麻酔をして14G(1.8mm)の針を病変に刺し、組織を切り取ります。
・マンモトーム生検(MMT,乳房画像腫瘍ガイド下吸引術)
  マンモグラフィを用いて、病変の位置を把握します。局所麻酔をして11G(2.3mm)または14Gの針を病変に刺し、組織を吸引しながら採取します。

マンモトームの特徴

  1. • 吸引システムにより、針生検より大きな標本を採取できます
    • 1回の針刺しで多くの標本が採取できます
    • 生検部位にマーカー(しるし)を置くことができ、目印になります
    • 針を刺すために約4mm皮膚を切りますが縫合は不要で、1〜2か月で傷痕はほとんど目立たなくなります
    • 当院のマンモトーム生検は、マンモグラフィを用いてとエコーを用いての2通り可能です

    ・フックワイヤー留置 
      マンモグラフィを用いて、病変の位置を把握します。ワイヤーを病変の近くに留置します。手術時の目印となります。

乳腺MRI撮影した画像

*よくある質問(Q&A) 

Q マンモグラフィは痛いですか? 

A 撮影する時は圧迫をしないといけないので、その時に人によっては痛みを感じます。圧迫をして乳腺組織を広げることにより、中にうもれていた病変が写真に写し出されやすくなります。また、被ばく量を少なくすることも出来ます。圧迫をしている時間は数秒です。可能な限りご協力お願いします。

影風景

Q いつマンモグラフィを受けたら良いですか?

A 乳房は女性ホルモンの影響を受けて硬くなったり痛みを感じたりします。なので、生理が終わって1週間ぐらいの乳房がやわらかい時期に検査を受けて頂くことをおすすめします。

Q 放射線被ばくは大丈夫ですか?

A マンモグラフィはX線検査なので放射線被ばくがありますが、乳房だけの部分的なもので、骨髄などへの影響はなく白血病などが発生する危険はありません。
1回の撮影で乳房が受ける放射線量は、東京−ニューヨーク間を飛行機で往復する時に浴びる自然放射線(宇宙線)の量よりも少ないくらいです。
なので、マンモグラフィの被ばくによる危険性はほとんどありません。

マンモグラフィ検診施設画像認定を取得しています。 

 中央放射線部では2009年3月にマンモグラフィ検診施設画像認定を取得し、2018年4月に更新しました。また、撮影は検診マンモグラフィ撮影認定放射線技師(女性3名)を含む女性5名が行っています。読影は検診マンモグラフィ読影認定医師が担当しています。
お問い合わせは、中央放射線部または外科外来までお願いします。

・マンモグラフィ検診施設画像認定とは、マンモグラフィ検診精度管理中央委員会が、書類審査,画質評価,線量評価を行い、総合判定の結果により4段階(A,B,C,D)にて評価されます。B判定以上が合格となります。
・検診マンモグラフィ撮影認定放射線技師とは、マンモグラフィ検診精度管理中央委員会が主催する撮影技術および精度管理プログラムを受講し、認定試験を受けて認定された放射線技師です。
・検診マンモグラフィ読影認定医師とは、マンモグラフィ検診精度管理中央委員会が主催する読影プログラムを受講し、読影試験を受けて認定された医師です。

乳腺MRI撮影した画像

乳腺MRI撮影した画像

その他の主な検査機器

■単純写真撮影装置

放射線科ではCT,MRI等いろいろな検査がありますが、まず一番最初に検査するのが一般に「レントゲン」と言われる単純写真でしょう。
ここでは胸部や腹部、骨関節などの写真をとります。

撮影は3部屋で対応しています。

ページの先頭へ

■透視装置

消化管造影、脊髄造影(ミエログラフィー)や神経ブロック、骨折後の整復、またERCPなどを行っています。
日立社製透視装置2台有しています。

ページの先頭へ

■骨密度測定装置

骨密度を測定することを骨塩定量検査といいます。
低エネルギーX線を使い骨の強度を測り、骨粗しょう症の診断を行ないます。
当院では腰椎の部分で測定し、正常値と比較して診断しています。

使用装置はHOLOGIC社製です。

ページの先頭へ

■移動型単純写真撮影装置(ポータブル撮影装置)

容態が悪く撮影室までの移動が困難な患者さんの撮影を病室で撮影します。
また手術後の確認用として手術室で撮影をします。

使用装置は日立社製Sirius Star Mobileです。


INDEX 放射線科(患者様向け) | 放射線科(医療者向け)