地域医療の先生方へ

麻酔科

外来診療医師一覧

■特徴

 患者様が安心して手術を受けられるように術前・術中・術後を通しての全身管理を行います。患者様の希望と手術術式にあわせた麻酔法を選択決定します。安全で質の高い麻酔を心がけています。昨年度は約3300件の手術のうち約2700件の麻酔管理を行っています。術中は自己血輸血を積極的に行っています(現在まで約2000例超の整形外科予定手術に対して実施されています)。術後の痛みをなるべく軽減させる処置も積極的に行っています。

 ペインクリニック(疼痛)外来は毎日午前中診療を行い、各種疼痛に対して神経ブロック治療を中心に必要があれば入院加療も随時行っています。術後痛の軽減および急性痛(頚椎症・椎間板ヘルニアによる頚肩上肢痛および腰下肢痛など)・慢性痛(CRPS,三叉神経痛、帯状疱疹後神経痛、癌性疼痛など)を対象としています。

 高気圧酸素療法では救急症例として急性一酸化炭素中毒、中枢神経障害、腸閉塞のほか炎症性疾患(化膿性脊椎炎)など行っています。

 

■スタッフ


・名誉院長 福崎 誠

・副院長
 麻酔科部長(兼務)
 臨床工学部長(兼務)
 中央手術部長(兼務)
 医療安全管理室長(兼務)
寺尾 嘉彰

・第二麻酔科部長 青木 浩

・第三麻酔科部長 大路 牧人

・麻酔科医師 大路 奈津子

・麻酔科医師 小松 祐也

・麻酔科医師 藤本 得宮子

■当科で取り扱っている主要な疾患

疼痛治療領域:三叉神経痛、帯状疱疹後神経痛、腰下肢痛(腰部椎間板ヘルニアなど)、頚肩腕痛(頚椎症など)、慢性難治性疼痛ほか

■当科で可能な主要な検査及び手術

各種神経ブロック治療(X線透視下・エコーガイド下治療)、脊髄刺激電極埋め込み術、高周波熱凝固

■当科での診療実績  


 
H29年度
H30年度
H31年度

麻酔科管理症例
2620件
2664件
2470件

ICU入室症例
401件
373件
464件

外来患者数
2644名
3067名
3505名

入院患者数
103名
114名
107名

高気圧酸素治療件数
240件
353件
645件

■当科での学術研究業績


 
2017年
2018年
2019年

英論文
6編
3編
3編

邦論文
1編
4編
3編

海外学会発表
5題
1題
4題

国内学会
14題
11題
9題

■学会認定情報

・日本麻酔科学会専門医研修施設
・日本集中治療医学会専門医研修施設
・日本ペインクリニック学会指定研修施設