地域医療の先生方へ

内 科

外来診療医師一覧

■特徴

 当科は、消化器3名、呼吸器3名、感染症内科2名の常勤医8名と、非常勤の神経内科1名の体制で各専門領域の診断・治療および一般内科の診療を行っています。
 消化器科では、上・下部消化管疾患や胆・肝・膵疾患などの検査、診断、治療を行っており、特に慢性肝炎は公費補助制度の拡大もあり、最新の抗ウイルス療法の対象者が増加しています。また、肝炎治療の啓蒙のために市民公開講座なども開催しています。さらに、肝癌に対しては、先端医療のラジオ波治療や肝動脈塞栓術も行っています。
 呼吸器科では、肺炎などの感染症、喘息、さらに呼吸不全に至るCOPD(慢性閉塞性肺疾患)や間質性肺炎などの診断・治療を行うとともに、増加を示す肺癌の治療も行っています。また、職業性疾患として、じん肺症(石綿肺)、胸膜中皮腫などの診断・治療も行っています。
 感染症内科では、細菌、真菌(カビ)、ウイルスなどの微生物による感染症(肺炎、尿路感染症、消化管感染症、心膜炎、化膿性脊椎炎など)の診断および治療を行っており、最近ではダニ媒介感染症(ツツガムシ病、日本紅斑熱、重症熱性血小板減少症候群SFTSなど)の診療も行っています。また、海外渡航者の増加に伴いデング熱、マラリア、旅行者下痢症などの輸入感染症、さらに担癌患者や高齢者などの免疫低下状態に生じる日和見感染症なども対象として診療しております。
 神経内科は非常勤医のため、現在は紹介の初診患者の診療だけとなっております。

 

■スタッフ


副院長 事 内科部長
事 アスベスト疾患ブロックセンター長
吉田 俊昭

呼吸器科部長 池田 徹

第二呼吸器科部長 本田 章子

感染症内科部長 古本 朗嗣

感染症内科医師 池田 恵理子

消化器科部長 兼 消化器病センター長 後藤 貴史

第二消化器科部長 山口 東平

消化器科医師 田島 和昌

■当科で取り扱っている主要な病気

消化器科 →消化器科の紹介はこちらから

・上部消化管疾患
・(消化性潰瘍、食道癌、胃癌、食道静脈瘤等)
・下部消化管疾患
・(イレウス、炎症性腸疾患、大腸ポリープ・癌等)
・肝臓疾患
・(急性・慢性肝炎、肝硬変、肝癌、薬剤性肝障害等)
・胆道疾患
・(胆石、胆道感染症、胆道癌等)
・膵臓疾患
・(急性・慢性膵炎、膵臓癌等)など

呼吸器科 →呼吸器科の紹介はこちらから

・感染症
・(肺炎、気管支炎、気管支拡張症、胸膜炎、結核等)
・気管支喘息
・肺癌
・間質性肺炎
・肺気腫
・気胸
・職業性肺疾患
・(じん肺、アスベスト関連疾患)など

感染症内科 →感染症内科の紹介はこちらから

・各臓器に生じる感染症
・リケッチア感染症
・真菌感染症
・医療関連感染症など

神経内科

非常勤医師による診療体制のため、他医療機関からの御紹介は受付けておりません。

・パーキンソン病
・多発性硬化症
・変性疾患
・(脊髄小脳変性症等)
・末梢神経疾患
・(ギラン=バレー症候群等)
・筋疾患
・(重症筋無力症、多発筋炎等)
・髄膜炎など

○その他一般内科疾患

■当科で可能な主要な検査及び手術

・上部・下部消化管内視鏡検査
・(内視鏡的止血術、食道静脈瘤硬化療法、ポリープ切除術等)
・気管支内視鏡検査
・肝癌ラジオ波治療
・肝動脈塞栓術等

■学会認定情報

・日本内科学会教育関連病院
・日本呼吸器学会認定施設
・日本呼吸器内視鏡学会関連認定施設
・日本消化器病学会専門医認定施設
・日本感染症学会認定研修施設
・日本がん治療認定研修施設


INDEX  内科 | 消化器科 | 血液内科 | リウマチ・膠原病科 | 呼吸器科| 感染症内科