地域医療の先生方へ

脳神経外科

外来診療医師一覧

■長崎労災病院脳神経外科の歴史

 北松炭田の労働災害事故対策として昭和40年に開設され、昭和57年よりベッド数20床で本格的な脳神経外科診療が開始されました。その後今日に至るまで長崎県北部にとどまらず佐賀県伊万里市、有田地域からも救急患者を受け入れ地域における脳神経外科診療を担ってきました。

■特徴

 診療対象患者の多くは脳血管障害(脳卒中)です。わが国における脳卒中患者数は現在約150万人と言われており、毎年25万人以上が新たに発症していると推測されています。がん、心臓病、肺炎に次いで日本における死因の第4位、寝たきり原因の3割近くを脳卒中が占めています。高齢化や糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病の増加により、脳卒中患者は2020年には300万人を超すことが予想されています。脳卒中治療に関しては、専門医による早期診断、早期治療、リハビリによる機能回復、再発予防が重要となります。当科では脳ドックを含めた『勤労者脳卒中センター』が院内標榜され、また長崎県下ではより高度な治療可能な医療機関としての『地域脳卒中センター』に認定されています。また、近年の脳卒中治療においては、以前と比べ時間的制限が要求されるようになりました。より効率的な患者搬送を目的とし、地域医療機関および救急隊との間で『脳神経外科ダイレクトコール』を開設しています。

 現在、医師4名(専門医3名)、看護師、リハビリ技師などのコメディカルと協力し地域完結型の包括的な急性期脳卒中治療を行っています。リハビリに関しては、急性期からの活動促進 (NAFM; 長崎労災病院式活動促進法) を目標に掲げ、立位移動補助具 (アクティーモNR)、アジャスト式膝装具(NKO)および麻痺側骨盤吊り上げ式後方介助歩行(UPW)などを取り入れ積極的に歩行練習を行っています。

 脳卒中に限らず、頭部外傷、脳腫瘍、機能的疾患(三叉神経痛、顔面けいれん)などの脳神経外科診療に関しての実績は地域医療圏において最も高い評価を得ています。

■スタッフ

プロフィール


・脳血管内外科部長 兼
 勤労者脳卒中センター長 兼
 脳神経外科部長
北川 直毅

・第2脳神経外科部長 白川 靖

・第3脳神経外科部長 廣瀬 誠

・脳神経外科医師 高平 良太郎

■治療実績

病床数:47床
入院症例数:595例
手術症例数:165例

・brain tumor 17
・meningioma 10
・craniopharyngioms(rec) 1
・metastatic 5
・biopsy 1(ML)

・ruptured aneurysm(craniotomy) 14
・IC-PC 3
・MCA 4
・Acom 6
・BA top 1

・Unruptured aneurysm 10
・IC-PC 4
・MCA 2
・Acom 4
・Multiple(MCA+Acom) 1

・Hypertensive ICH 7
・Craniotomy 6
・Stereo 1

・AVM 1

・ICA stenosis
   (carotid endarterectomy)
14

・EC-IC bypass 4

・head trauma 51
・Acute subdural hematoma 1
・Chronic subdural hematoma 50

・V-P shunt 18

・Ventricle drainage 7

・External decompression 7

・Cranioplasty 7

・MVD 6

・others 2

・定位放射線治療症例数 0例

・血管内手術症例数 49例
・aneurysm 16(SAH 3)
・intra-aneurysmal 11
・stent&coil 4
・trapping 1

・AVM 1

・ICA stenosis(CAS) 10

・Petrous ICA stenosis(PTAS) 1

・Subclavia(PTAS)&
   maxillar stenosis(PTA)
3

・Stent & Penumbra&PTA 12

・Tumor 5

・CSDH 1

・部検数 0例

 

■対象疾患

・脳血管障害(くも膜下出血、脳内出血、脳梗塞、脳動静脈奇形、未破裂脳動脈瘤、頸動脈閉塞・狭窄症、もやもや病ほか)
・頭蓋内腫瘍
・頭部外傷
・三叉神経痛、顔面けいれん、水頭症
・その他

脳神経外科ダイレクトコール

Tel : 080-1766-6031
*本システムは医療機関および消防局専用であり一般個人の方は利用できません。

 近年、超急性期脳梗塞患者に対してのrt-PA治療の適応が4.5時間以内となるなど、以前と比べ脳卒中診療はより時間的制約が要求される時代へと変化しています。早期診断、早期治療は患者さんの予後に直結することを考えると、連携医療機関および救急隊へのさらなる周知および啓蒙は今まで以上に重要な課題であると思われます。長崎労災病院脳神経外科では、地域における脳卒中医療のさらなる充実化を目的とし脳神経外科ダイレクトコールを開設しています。適応に関しては、下記症状に合致する症例は御遠慮なく御活用いただければと思います。また、下記症状以外でも急性期脳卒中が強く疑われる症例に関しては積極的にダイレクトコールをご利用ください(365日24時間稼働)。

長崎労災病院脳神経外科ダイレクトコール適応症状

・今まで経験したことのない突然の激しい頭痛
・顔のゆがみ(顔面が左右非対象)
・上下肢の片麻痺(閉眼させ片方の上肢あるいは下肢の拳上・保持ができない、下垂する)
・言語障害(不明瞭、呂律が回っていない、無言、意味不明)
・繰り返すけいれん発作
・血圧低下や発熱のない遷延する意識障害

*本システムの運用は、地域における脳卒中医療のさらなる充実化および脳卒中に対する啓蒙をはかり効率的に患者搬送を行うことを最大の目的とています。今後も改善を重ね地域に貢献できるようスタッフ一同全力を尽くして参りますので、皆様方からの屈託のない御意見も常時頂戴したいと思っております。

・画像コンサルトおよび問い合わせ:nouge@nagasakih.johas.go.jp

■週間行事

・モーニングカンファ:月曜~金曜の毎朝8時より新患紹介(医師、看護師、リハビリ技師)
・手術日:月曜午後、火曜午後(血管内治療)、水曜日、木曜午前、金曜(血管内治療)
・抄読会:毎週水曜7時45分より
・症例検討会および病棟回診:毎週木曜午後

■各種研究会

・佐世保脳神経外科医会(年4回)
・県北神経懇話会(年4回)

■指定・認定情報

・日本脳神経外科学会専門医認定制度指定訓練施設
・日本脳卒中学会専門医認定制度研修教育施設
・日本脳ドック学会認定施設
・日本がん治療認定医機構認定研修施設
・地域脳卒中センター認定施設(長崎県)

■外来診療

・原則予約制ですが急患は常時受け入れます。
・受付時間:8:15~11:00
・セカンドオピニオン外来:完全予約制、月曜午後

外来担当医

  月曜 火曜 水曜 木曜 金曜

1診 廣瀬 北川 北川 廣瀬 白川

2診   白川   高平  

午後 脳ドック、
セカンドオピニオン
       

■脳ドック

脳疾患が気になる方、家族歴のある方、脳卒中の危険因子(高血圧、糖尿病、喫煙、脂質異常、心房細動)を持っている方にお勧めします。(→詳しくは脳ドックのページへ

■治験および研究

・虚血性脳血管障害患者を対象としたクロピドグレル硫酸塩に対する非劣性検証試験(CS-747S 第Ⅲ相試験)
・NAVIGATE ESUS(塞栓源を特定できない塞栓性脳卒中患者へのイグザレルト投与)
・平成27年度治療就労両立支援モデル事業(脳卒中リハ分野)

■業績

論文
  • ・脳梗塞超急性期治療が激変 ~この3年間で変わったこと~
    北川直毅
    長崎県医師会報 平成29年第863号12、診療茶話 No.460、48-51、2017
学会発表
  • ・再発性脳底動脈先端部脳動脈瘤に対してhorizontal stentを用いて塞栓術を行った一例
    北川直毅
    第61回佐世保脳神経外科医会(2017.2.21、佐世保)
  • ・脳卒中の急性期・慢性期治療
    北川直毅
    北松浦医師会学術講演会(2017.5.19、サンパーク吉井)
  • ・脳卒中について
    北川直毅
    長崎労災病院 市民のみなさまの健康講座(2017.5.22、佐世保)
  • ・脳血管内治療の2例:上手くいった例、上手くいかなかった例
    北川直毅
    第3回長崎脳血管内治療研究会(2017.5.2、長崎)
  • ・脳卒中と慢性腎臓病
    北川直毅
    第2回長崎瀬戸越脳卒中フォーラム(2017.7.20)
  • ・当院における急性期脳卒中(AIS)治療について
    北川直毅
    ストップ!NO卒中プロジェクト エリア会議(2017.8.4 佐世保)
  • ・脳梗塞急性期の血行再建とDOAC
    北川直毅
    長崎県北Network Meeting(2017.10.25、佐世保)
  • ・ONYX塞栓後に開頭摘出術を行った脳動静脈奇形の1例
    廣瀬 誠、郡家 克旭、豊田 啓介、北川 直毅、堀江 信貴、出雲 剛
    第62回 佐世保脳神経外科医会(2017.4.21、佐世保)
  • ・脳梗塞に関する最近の話題
    廣瀬 誠
    平戸医師会学術講演会(2017.7.21、平戸)
  • ・C1 blister like aneurysm破裂によるSAHの1例
    廣瀬 誠、郡家 克旭、豊田 啓介、北川 直毅
    第65回 佐世保脳神経外科医会(2017.11.21、佐世保)
  • ・脳外科手術(microneurosurgery)に対する情熱
    廣瀬 誠
    島原脳卒中研究会(2017.12.7 島原)
  • ・High flow bypassを安全に行うための工夫
    廣瀬 誠、郡家 克旭、豊田 啓介、北川 直毅
    第35回長崎脳神経外科研究会(2017.12.23、長崎)
  • ・当院でのAISに対する血栓回収療法 最近の一症例
    ~地域医療におけるドクターヘリの活用~
    郡家 克旭、豊田 啓介、廣瀬 誠、北川 直毅
    長崎県救急医学会(2017.6.21、佐世保)
  • ・左頚部内頚動脈chronic total occlusionによる脳梗塞急性期にCASを施行施行した一例
    郡家 克旭、豊田 啓介、廣瀬 誠、北川 直毅
    第63回 佐世保脳神経外科医会(2017.10.20、佐世保)
  • ・ステント併用コイル塞栓術にて治療したAICA involved-basilar artery fusiform aneurysmの一例
    郡家 克旭、豊田 啓介、廣瀬 誠、北川 直毅
    脳神経外科九州地方会(2017.10.21、長崎)
社会活動
  • ・北川直毅 日本脳神経血管内治療学会九州地方会(世話人)
    労災診療指導委員会(委員)