地域医療の先生方へ

心大血管リハ

当院では、平成22年4月より心大血管リハビリテーション(Ⅰ)の施設基準認定を受け、主に心筋梗塞や心不全などの心疾患を有する患者さんへのリハビリテーションを行っています。医師や理学療法士、看護師と連携し病態把握と全身状態の評価を行いながら、入院早期から適切な運動療法や動作練習を実施して、安全に日常生活に復帰できるように支援してまいります。
心臓リハビリテーション室を循環器病棟内に設け、より連携が取りやすい環境を整えています。スタッフは理学療法士2名の専従で、より充実したリハビリテーションの提供に取り組んでいます。
心臓リハビリテーション指導士の資格を取得した理学療法士は3名在籍しています。

■リハビリはどんなことをするの??

運動は心臓病によって低下した全身の機能回復をするために必要です安静ばかりしていれば運動能力が低下してしまいます。
しかし、運動は心臓に負担がかかるため、患者さんが自分の判断だけで強い運動を行うことは危険です。
そこで、安心してリハビリテーションを進めていくために、心臓リハビリテーションの知識のあるスタッフと一緒に、心電図モニターや血圧の状態を確認しながら、歩行や自転車エルゴメーターなどの適切な運動療法を行っていきます。
また、運動だけでなく、食事指導や服薬指導、生活習慣の見直しなども行っていきます。

■対象は??

・心筋梗塞や狭心症の治療をされた方
・心不全と診断された方
・心臓の手術をされた方
・末梢動脈閉塞性疾患のため歩くと足の痛みが増す方

■どんな効果があるの??

・体力がつく
・心機能が良くなる
・血管が柔らかくなる
・筋肉がついて疲れにくくなる
・自律神経が落ち着いて動悸が減る
・やる気・希望・日常生活の快適さなどの、生活の質が改善する
・気持ちが晴れやかになる