当院を利用される患者さんへ

INDEX  九州厚生局長への届出事項 | 保険外負担に関する事項 | 手術について

施設基準

当院は九州厚生局長に下記事項について届出を行っています。

1 入院基本料について

当院は、「一般病棟入院基本料急性期一般入院料1」を届け出ており、平均して入院患者さん7人に対し看護職員が1人以上が実際に勤務しています。必要とする看護師及び准看護師数の7割以上が看護師という構成割合の基準を満たしており、8時間制の3交代で看護を行っています。各病棟には実際の人員数を掲示しています。

2 入院の付添について

当院は、厚生労働大臣の定める基準による看護を行っており、入院患者さんの負担による付添者看護は認められていません。

3 入院時食事療養(Ⅰ)に関する事項

当院は、管理栄養士が適時(夕食については午後6時以降)・適温等を管理し、毎日の給食を提供しています。ただし食事療養費として1食につき原則460円を徴収いたします。
朝食について、和食・洋食を選択できる特別メニューを提供しています。特別メニューについては洋食を選択した場合、患者さんの負担として1食につき20円(税込)を別途徴収させていただきます。

また基準を満たした各階設置の食堂で食事を提供しています。

ページの先頭へ

4 九州厚生局長への届出事項

基本診療料の施設基準

承認事項

超急性期脳卒中加算
診療録管理体制加算1
医師事務作業補助体制加算2 15対1
急性期看護補助体制加算25対1(看護補助者5割以上)
療養環境加算
重症者等療養環境特別加算
無菌治療室管理加算2
医療安全対策加算1(医療安全対策地域連携加算1)
感染防止対策加算1(地域連携加算)(抗菌薬適正使用支援加算)
患者サポート充実体制加算
褥瘡ハイリスク患者ケア加算
入退院支援加算(加算1)
データ提出加算2
認知症ケア加算(加算2)
特定集中治療室管理料3(早期離床・リハビリテーション加算)
地域包括ケア病棟入院料2(看護職員配置加算)

特掲診療料の施設基準

承認事項

がん性疼痛緩和指導管理料
がん患者指導管理料イ
がん患者指導管理料ロ
がん患者指導管理料ハ
院内トリアージ実施料
夜間休日救急搬送医学管理料(救急搬送看護体制加算)
療養・就労両立支援指導料(相談体制加算)
開放型病院共同指導料
肝炎インターフェロン治療計画料
薬剤管理指導料
医療機器安全管理料1
在宅療養後方支援病院
検体検査管理加算(Ⅳ)
心臓カテーテル法による諸検査の血管内視鏡検査加算
神経学的検査
画像診断管理加算(2)
CT撮影及びMRI撮影
冠動脈CT撮影加算
心臓MRI撮影加算
乳房MRI撮影加算
抗悪性腫瘍剤処方管理加算
外来化学療法加算1
無菌製剤処理料
心大血管疾患リハビリテーション料(I)・初期加算
脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)・初期加算
運動器リハビリテーション料(Ⅰ)・初期加算
呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)・初期加算
がん患者リハビリテーション料
後縦靭帯骨化症手術(前方進入によるもの)
腫瘍脊椎骨全摘出
脳刺激装置植込術(頭蓋内電極植込術を含む)及び脳刺激装置交換術
脊髄刺激装置植込術及び脊髄刺激装置交換術
乳腺腫瘍画像ガイド下吸引術(一連につき)(MRIによるもの)
乳腺悪性腫瘍手術(乳輪温存乳房切除術)(腋窩廓清を伴わないもの)及び
         乳輪温存乳房切除術(腋窩廓清を伴うもの)
乳がんセンチネルリンパ節加算2
ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
胃瘻造設術
輸血管理料Ⅱ
人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算
麻酔管理料(Ⅰ)
麻酔管理料(Ⅱ)

5 施設基準・算定事項

基本診療料

臨床研修病院入院診療加算
救急医療管理加算
提出データ評価加算

特掲診療料

夜間休日救急搬送医学管理料
検体検査管理加算(Ⅰ)
埋込型心電図検査
画像診断管理加算(Ⅰ)
大腸CT撮影加算
廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ)
経皮的冠動脈形成術
経皮的冠動脈ステント留置術
埋込型心電図記録計移植術及び埋込型心電図記録計摘出術
ダメージコントロール手術
医科点数表第2章第10部手術通則の5及び6に掲げる手術

6 特別療養環境の提供に関する事項

当院では、有料室を希望される方については室料差額を徴収いたします。
ただし、2人以上の部屋(一部の4人室の準個室を除く)については室料差額の徴収は一切ありません。

ページの先頭へ

7 保険外負担に関する事項

当院は、衛生材料等の治療(看護)行為及びそれに密接に関連した費用の徴収はいたしておりません。ただし、病衣については貸与料として1日につき108円(税込)を徴収いたします。

・初診に係る特別の料金に関する事項

他の保険医療機関からの紹介によらず直接本院に来院された患者さんについては、初診に係る費用(初診時特定療養費)として4,320円(税込)を徴収いたします。ただし、緊急その他やむを得ない事情により他の保険医療機関からの紹介によらず来院された場合にあってはこの限りではありません。

・入院期間が180日を超える

入院に関する事項

入院医療の必要性が低いにもかかわらず、患者さん側の事情により180日を超えて入院される場合は、1日につき2,577円(税込)を別途徴収いたします。

・治験に係る費用

当院は治験を実施しております。治験の種類によって患者さんのご負担額が変更となりますので、治験ご希望の方は、治験コーディネーターより詳しく説明いたします。

8 入院料の計算方法について

厚生労働大臣が指定する病院(DPC対象病院)調整係数1.3850

ページの先頭へ

9 手術について

当院は下記の特殊な手術に関して、九州厚生局長に届出行いその基準を満たしています。

1. 区分1に分類される手術

 ア 頭蓋内腫瘤摘出術等  年間症例数:38例 
 イ 黄斑下手術等  年間症例数:0例 
 ウ 鼓室形成術等  年間症例数:0例 
 エ 肺悪性腫瘍手術等  年間症例数:5例 
 オ 経皮的カテーテル心筋焼灼術  年間症例数:0例 

2. 区分2に分類される手術

 ア 靭帯断裂形成手術等  年間症例数:4例 
 イ 水頭症手術等  年間症例数:35例 
 ウ 鼻副鼻腔悪性腫瘍手術等 年間症例数:0例 
 エ 尿道形成手術等  年間症例数:0例 
 オ 角膜移植術  年間症例数:0例 
 カ 肝切除術等  年間症例数:3例 
 キ 子宮附属器悪性腫瘍手術等  年間症例数:0例 

3. 区分3に分類される手術

 ア 上顎骨形成術等  年間症例数:2例 
 イ 上顎骨悪性腫瘍手術等  年間症例数:0例 
 ウ バセドウ甲状腺全摘(亜全摘)術(両葉)  年間症例数:2例 
 エ 母指化手術等  年間症例数:0例 
 オ 内反足手術等  年間症例数:0例 
 カ 食道切除再建術  年間症例数:0例 
 キ 同種腎移植術等  年間症例数:0例 

4. 区分4に分類される手術

 腹腔鏡手術・胸腔鏡手術 年間症例数:149例 

5. その他の区分に分類される手術

 人工関節置換術  年間症例数:215例 
 乳児外科施設基準対象手術  年間症例数:0例 
 ペースメーカー移植術及び
 ペースメーカー交換術(電池交換含む)
年間症例数:43例 
 冠動脈、大動脈バイパス移植術及び
 体外循環を要する手術
年間症例数:0例 
 経皮的冠動脈形成術 年間症例数:7例 
 (再掲)急性心筋梗塞に対するもの 年間症例数:1例 
 (再掲)不安定狭心症に対するもの 年間症例数:2例 
 (再掲)その他のもの 年間症例数:4例 
 経皮的冠動脈粥腫切除術 年間症例数:0例 
 経皮的冠動脈ステント留置術 年間症例数:23例 
 (再掲)急性心筋梗塞に対するもの 年間症例数:6例 
 (再掲)不安定狭心症に対するもの 年間症例数:2例 
 (再掲)その他のもの 年間症例数:15例 

手術の件数は、平成29年1月~12月のものです。
当院で行われる全ての手術を受ける患者さんに対して、当該手術の内容、合併症及び予後等について、文章を用いて詳しく説明します。

ページの先頭へ