健やかな職場生活を送るために

栄養指導

■専門の栄養士があなたにアドバイス

 単身赴任で外食の多い人、ちょっとウエストサイズが気になる人、糖尿病などの病気かなと思う人に、専門の栄養士がアドバイス
 病気になる前のグレーゾーンを食事の改善で健康ゾーンへーお手伝いします。

食事の基本

 ・1日3食規則正しく食べる
 ・食事の①主食 ②主菜 ③副菜を組み合わせ、1日30品目を少量づつ取りましょう 食事の合言葉「主食、主菜、副菜」

塩分の取りすぎ

・漬物や佃煮などの塩分を多く含む食品の取り過ぎや汁物を多く摂らないなどの食べ方の工夫で塩分を減らすことができます。
 → 食習慣を指導します。

栄養素

・体を作るには全ての栄養素をバランス良く食べることが大切です。好き嫌いせずなんでも適量を守り食べることを心掛けましょう。
 → 1日の食事量を指導します。

カロリー計算の目安

・食事療法のための「糖尿病の食品交換表」という本があります。この本は食品を80Kcalに揃えていますので、簡単にカロリーを出すことができます。
 → どの食材が何Kcalかフードモデルを使って色覚的に指導しま

■お気軽にご相談ください

相談日 月〜金曜日
  時 間 午前11時から午後16時00分 

  問い合わせ先 栄養管理室