健やかな職場生活を送るために

産業保険に関する相談窓口

独立行政法人労働者健康安全機構では、全国47の都道府県に産業保健推進センターを設置し、産業医や企業の衛生管理者等に対して、産業保健に関する窓口相談・研修等を行っています。
また、メンタルヘルス対策の総合的な拠点としての役割も果たしています。

産業保健推進センター主催の研修・セミナー

全国47都道府県の産業保健推進センターが地域のニーズに即した研修を産業医・産業看護職・衛生管理者等の産業保健スタッフ、事業主、人事・労務担当者等を対象に産業保健に関する研修・セミナーを全国各地で無料で実施しています。
テーマや日程、申込方法等は、各産業保健推進センターのホームページをご覧ください。

研修・セミナーのテーマ(例)
• 職場のメンタルヘルスと基本的なセルフケア
• 事業所における新型インフルエンザ対策
• 過重労働防止のための留意事項
• 建設業におけるアスベスト対策
• 派遣・請負労働者の健康管理
• 職場における腰痛対策
• 作業環境管理の進め方
• 労働衛生法規及び労働衛生行政の動向

厚生労働省委託の研修(実施場所は全国各地です)

厚生労働省からの委託事業として研修を実施しています。受講料は無料です。
産業医に対するメンタルヘルス対策等に関する研修
産業医が事業者等に対してメンタルヘルス対策、職場復帰及び過重労働対策を助言指導するに当たっての資質向上を図るための研修会です。申込方法等は、各産業保健推進センターのホームページをご覧ください。
この研修を受講すると、日本医師会「認定産業医」生涯研修の単位が取得できます。