健やかな職場生活を送るために

勤労者医療とは

 労災病院では、職業関連疾患の予防から治療、リハビリテーション・職場復帰に至る総合的な医療及び勤労者の健康確保のための活動を推進するため、疾病と職場環境等に関するデータを蓄積し、職業性疾病の予防、早期発見、治療から健康の保持・増進に至るまで勤労者の職業生活を医療の面からサポートしています。

 勤労者医療を提言する

  <当院では、勤労者の健康確保のため、以下のような取組みを実施しています。>

1.専門センター(部)

■勤労者脊椎腰痛センター

勤労者医療を提言する

 平成13年に設置し、脊椎・脊髄疾患の治療や公開講座等での啓蒙・研究を行っています。県外からも多くの紹介があり、年間手術症例は500件を超え、リハビリテーション・ペインクリニックと協力して早期の社会復帰を目指しています。

■勤労者脳卒中センター

勤労者医療を提言する

 平成13年に設置し、脳卒中の予防・早期診断・早期治療を目的とし、公開講座等で啓蒙を行っています。自宅復帰と病病・病診連携を通した地域完結型の治療を目指しています。

■アスベスト疾患ブロックセンター

勤労者医療を提言する

 アスベスト曝露者、アスベスト関連疾患者を対象に、長崎労動局、長崎産業保健推進センター、また他の医療機関と連携し、健康相談・健康診断・診断及び治療を積極的に実施しています。

■治療就労両立支援部

治療就労両立支援部

 これまで勤労者予防医療部で行ってきた予防医療活動に加え、平成26年4月から、新たに治療と就労の両立支援の取組を開始するため、「勤労者予防医療部」を、「治療就労両立支援部」と改称し、以下の活動に取り組むこととしています。

●予防医療モデル事業
 勤労者の健康確保を図るため、過労死(脳・心疾患)、勤労女性特有の健康障害等の発症予防及び増悪の防止に関する予防医療活動を通じて、事例の集積、集積した事例の分析・評価により効果的な予防法・指導法を開発するための調査研究を実施します。
 当院では、健康に働き、生涯現役である為に、健康診断部・リハビリテーション科・栄養部門と連携し、チームで健康をサポートいたします。また、産業医による他企業への保健指導や講演も実施しています。

●治療就労両立支援モデル事業
 平成26年度から新たに、がん、糖尿病、脳卒中の罹患者及びメンタルヘルス不調者に対し休業等からの職場復帰や治療と就労の両立支援への取組を行い、事例を集積し、医療機関向けのマニュアルの作成・普及を行うこととしています。
 当院では、平成27年度より、がん・脳卒中に対し、取り組むこととしています。

2.労災疾病等の研究(労災疾病等3分野)

 労災疾病等3分野とは、現下の勤労者を巡る職場と健康との課題の中で、次の観点から、当面、独立行政法人 労働者健康安全機構が診療、研究、予防にわたり重点的に取り組む労災疾病等の対象範囲分野です。

・産業活動に伴い、依然として多くの労働災害が発生している疾病、又は産業構造・職場環境等の変化に伴い、勤労者の新たな健康問題として社会問題化している疾病 

・労災病院が現に有する豊富な知見、スタッフ、設備等を活用することにより今後とも主導的な役割を果たし得る分野、又は民間医療機関では採算性等の観点から的確な対応が困難な分野  

 当院は、労災疾病等3分野の中で、職業性腰痛の研究(身体への過度の負担による筋・骨格系疾患)の研究に分担研究者として参加し、データの分析及び文献の収集に努めています。

 勤労者医療を提言する