当院を利用される患者さんへ

初診時特定療養費とは

国が「初期治療は医院・診療所で、高度・専門医療は病院で行う」という医療機関の機能分担の推進とかかりつけ医の推奨を図るために定めた制度であり、初診時、他の医療機関などからの紹介状なしに「200床以上の病院」を受診した場合は、通常の医療費のほかに病院が定めた金額を徴収できるというものです。

当院では平成28年度の診療報酬改定の際に、初診時特定療養費の見直しを行いました。地域の診療所(かかりつけ医)との連携を密にし、質の高い安全な医療を提供する地域医療支援病院としての役割をさらに果たしていくため、これまでの2,500円(税別)から4,000円(税別)へ変更することになりました。
ご理解とご協力をお願いいたします。