独立行政法人 労働者健康安全機構 長崎労災病院

〒857-0134
長崎県佐世保市瀬戸越2丁目12番5号
交通のご案内
文字サイズ標準
当院は日本医療機能評価機構認定病院です。
当院を利用される方へ

医療安全管理室

特徴

『患者さんを守る・仲間を守る・自分を守る』 医療安全活動を行ってます!

医療の質の向上と安全の確保は患者さんに限らず、みんなの願いであり、医療安全管理室では職員みんなといっしょになって、この課題に取り組んでいます。
また、職員が針刺し事故や医療過誤を起こさないように、「職員の安全を守る」活動も行っております。

『医療安全管理室は、患者さんと職員の「救急箱」です。』

1.医療安全に関する基本方針

安全で質の良い医療の提供のために医療人に必要な職業倫理を育み、患者との良好な信頼関係を構築する。ヒトは誤りを犯すという前提に立ち、個人レベル及び組織的に事故防止に取り組む。

2.医療安全管理体制

当院の医療安全管理体制は、以下の委員会等で構成しています。

  • 病院全体の医療安全を管理・指揮する医療安全管理委員会
  • 全職種の代表が構成員となり安全な医療について検討や活動を行うリスクマネージメント委員会
  • 各部署それぞれに医療安全活動を行うリスクマネージメント部会
  • インシデントレポート類の管理・部署間の調整・患者相談窓口などを役割とする医療安全管理室

3.医療安全目標

  • 医療安全への職員の意識が高まる
  • 事例の原因究明・分析に基づく再発防止対策の徹底
  • リスクマネージメント委員会・各部会の活動が積極的に行われる
  • 職員の医療安全に関する手順の周知・徹底を図る
  • 患者参加の医療安全に取り組むことができる

これらの目標に沿ってゴールを設定し、医療安全管理委員会・リスクマネージメント委員会・各部会が中心となり活動します。活動内容としては、院内ラウンド、インシデント事例の分析・対策の検討、院外からの安全情報の広報、医療安全研修会の開催を中心に、九州の3つの労災病院が協力して行う「九州3病院間医療安全相互チェック」など、組織横断的に活動しています。

医療安全

4.インデント報分析システムを導入しています

院内ネットワークを利用して、インデントシステム報告を行っています。このシステムの中で、事例分析(メディカルセーファー分析)ができます。

インデント報分析システム
インデント報分析システム
インデント報分析システムイラスト

5.リスクマネージメント委員会

医師・看護師・薬剤師・検査技師・放射線技師・栄養士・臨床工学士・リハビリ技師・事務職員で構成された委員会です。リスクマネージメント委員会は二つのグループに分かれて活動を行っています。内部監査グループでは、これまで「入院時患者持参薬管理の手順」「注射準備から実施までの手順」などについて監査を行い、実際に手順が守られているかを確認し手順遵守の必要性を啓蒙しています。患者参加グループでは、患者さんも医療安全に参加していただくための季刊誌を作成しています。

手順の遵守状況に関する内部監査
手順の遵守状況に関する内部監査

手順の遵守状況に関する内部監査

医療安全研修会

医療安全研修会

患者さん向けの医療安全季刊誌

患者さん向けの医療安全季刊誌

6.医療安全管理委員会

院内医療安全パトロール

11月の医療安全推進週間に、医療安全管理委員会メンバーが中心となり、院内の環境および各種手順の遵守状況を確認しています。

院内医療安全パトロール
院内医療安全パトロール

7.履き物の紹介

  • 転倒防止シューズ

    転倒防止シューズ

    歩行せず、車いすを使用する方に適しています。

  • 快歩主義

    快歩主義

    歩行訓練に適します。外履きとしても使用できます。

  • リハビリ支援シューズ

    リハビリ支援シューズ

    歩行訓練に適します。外履きとしても使用できます。

✿当院売店でも販売しています。

INDEX

診療科のご案内

センターのご案内

各部門のご案内